協会について 富山県繊維協会

~ 豊かな社会 快適な生活を目指して ~
一般社団法人 富山県繊維協会のホームページです

富山県繊維協会

ご挨拶

 富山県繊維協会は、お陰様で設立30周年を迎えることができました。この30年、繊維産業もグローバル化の波の進展や、消費の低迷に加え流通業の大変革への適応など、我が国をめぐる内外の環境は急激に変化しております。最近では少子高齢化による人材確保難、また働き方改革や情報技術の進展など、対応すべき課題が目白押しです。

 協会事業として、事業者の自主・自立の精神の下、魅力ある新商品・新技術の開発支援や販路開拓の支援を行っています。また産地の未来を担う人材育成として「とやま繊維経営塾」を継続開講し業界の発展に貢献しています。激変する経営環境の中にあって、連携協力の重要性がますます高まっており、本協会に求められる役割も多様化し、対応する課題を常に見直す必要があります。

 富山県独自の「高機能産業資材・生活提案型衣料など、国際競争力のある繊維産業」達成のための担い手として「豊かな社会、快適な生活を目指して」をキャッチフレーズに業界並びに地域社会の発展に貢献していきます。

会長 西田 明男


富山県繊維協会について

 (一社)富山県繊維協会は、県内の繊維産業のさらなる発展を目的に、昭和62年7月に発足しました。経済産業省の繊維ビジョンである「内在する弱点の克服と強い基幹産業への復権を目指して」を基本に、繊維の魅力の創造と業界並びに地域の発展に貢献していきます。

国内トップシェア 繊維の総合産地

 富山県の長い歴史に培われた絹・綿・麻・織物の伝統時術を基礎として、合繊織物やニット生地製造業への進出が相次ぎ、昭和40年代からは産業用資材(カーシート・建築内装材など)や衣料用素材(水着・インナー・スポーツウエア)など高伸縮な生地の新製品開発や新規分野を開拓。現在それらは国内「トップシェア」を占めています。
 また、アパレル分野においては、横編ニット製品(婦人服・カジュアルセーターなど)やスポーツウエアなど、生活に結びついた広範囲な製品を供給するために、編織・染色・縫製・付加価値加工・物流など多様な繊維産業を形成し、技術が集積された「繊維総合産地」となっています。
名称 一般社団法人 富山県繊維協会
役員 会長 西田 明男(株)ゴールドウイン
理事 19名
監事 2名
所在地 富山県小矢部市津沢1丁目47番地
設立 昭和62年7月
会員 正会員49社
賛助会員 2組合

2018年2月 現在


一般社団法人富山県繊維協会

富山県繊維協会の地図

〒932-0115
富山県小矢部市津沢1丁目47番地
TEL / 0766-61-4637
FAX / 0766-61-4900
E-mail / info@toyamaseni.or.jp

ホーム新着情報協会について事業紹介会員紹介会員掲示板お問い合わせ個人情報保護方針について |            |会員専用ページ
Copyright (C) 2019 富山県繊維協会 All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る